ホーム年間支部活動支部定期総会

支部定期総会

2022年度 支部定期総会を湘南キャンパスとオンラインで開催(7/16(土))

【支部定期総会とは】
毎年定期1回開催し、次の事項を審議します。ただし、支部長が必要と認めた場合は、臨時に開催することができます。
1. 規約、2. 役員、3. 事業計画、4. 予算、5. 決算、6. その他目的達成に必要なる事項

【2022年度の支部定期総会を湘南キャンパスとオンラインで開催】

新型コロナウイルスの近時の感染状況を踏まえて、本年度の支部定期総会につきましては、安全面に十分な留意を図りつつ、湘南キャンパスオンライン(ZOOM)の双方で開催いたしました。

日時:2022年7月16日(土)13:00~16:00

会場:
文教大学湘南キャンパスおよびオンライン(Zoom)参加

■式次第:
第1部:支部定期総会 13:00~13:50
・6議案の説明・質疑~表決結果は2つ下の記事参照

第2部:支部研修会講話 14:00~16:00
詳細は下の記事参照
・「就職活動の現況」キャリア支援部 山田部長
・「広告って邪魔ですか?」情報学部 ボブ田中教授

支部定期総会議事の様子。クリックで画像が拡大します

2022年度支部定期総会:支部研修会(講話)の概要

支部定期総会後に、支部研修会として講話をいただきました。以下はその概要です。

◎「就職活動の現況」:
文教大学 キャリア支援部 山田部長

(要旨)
①採用活動早期化が本年度も継続
・2021年卒の、コロナ禍で説明会が開催できなかったため、3年生のインターンシップ参加者を主体とした採用活動の前倒し傾向が始まり、2022年卒も継続。
・この流れが本年度も継続しており、早めに動けたかどうかで内定時期も異なる傾向。
②インターンシップの活用
・「短期(1日~数日)」の採用広報的なものと「長期(1週~数週)」の就業体験的なものの2種類あり、前者が圧倒的に多い。
・3年生夏のインターンシップは企業研究が主。秋冬は採用活動に直結する重要な場。
・インターンシップ参加により、自分がその企業に合っているか、自分の強みを生かせそうかを見極めることも大事。
③オンライン面接の留意点
・近時、企業説明会や面接をオンラインで行うケースが増えている。
・便利な半面、安定したインターネット環境、静かな個室の確保、背景に何も映さない、などのオンライン独自の留意点がある。
④公務員・教職
・公務員は1000時間(1年間)位の勉強が必要。但し、民間企業とほぼ同じ採用活動を行う自治体も存在。
・教職は、採用する自治体などにより求める人物像や採用形態も異なるため、早めに志望先を決めて、面接、論文、模擬授業などの対策を組むことが大事。
⑤大学の支援機能の有効活用
・キャリア支援部では、SPI、公務員対策などの講座を開設。
・学生1人で悩まず、悩みに応じて、キャリア支援課、教育支援課、保健などの大学の支援機能を活用してほしい。
⑥学生・保護者に対して
・「早期開始」がポイント。まずは、自分がどんなところで働きたいか、どんな仕事をしたいか、自分の意向を固めるところから準備を始める。
・多くの学生は、自分の思いの言語化やPRが苦手で、一般論で終わってしまう。
・自分の体験や考えの言語化、アピールする内容、説明の順番など相手に伝わるように 組み立てることや、話す練習をしておくことが大切。
・保護者も今日一日あったことの話し相手になるなど、サポートを頂きたい。


◎「広告って邪魔ですか?」:
文教大学 情報学部 ボブ田中教授

(要旨)
・広告がご専門。本年4月に芸大から本学に着任。
・ボブ田中はペンネーム。このペンネームのおかげで一度で名前を覚えてもらえる。

①売場の広告は差別化できていない。
(例)電子レンジの売場:機能の宣伝が多すぎて価格の違いしか分からない。
・米国の調査では、都市部で1日に目にする企業メッセージは3千もあり、大量にありすぎて覚えきれない。
②本来、広告とはメッセージをわかりやすく伝えるもの
(例)JR東海:そうだ京都、行こう
(例)ニトリ:お、ねだん以上
・求められる役割の変化に合わせて、メッセージを変えるケースも
(例)セブンイレブン:「セブンイレブン、いい気分」から、今は「近くて便利」
③広告費のメディア別の変遷や企業別の傾向を知る
・新聞、雑誌の紙媒体は、インターネット広告に取って代わられた。
・テレビは、インターネットをあまり見ない人との補完関係で意外に健闘。
・駅や車内の広告などはコロナ禍で通勤客が減ったことにより減少。
・売上高や企業の特性(消費者向けかどうかなど)により広告費の使い方も異なる。
④広告はメッセージが重要
・情報の「内容」をどうメッセージとして伝えるか、その特性を踏まえた情報の「発信方法」(メディア別の配分など)を考えることが重要。
・アート的なものだけでなく、広告主の課題を明確化して、どう広告で解決させるかが一番大事。それによって伝えたいメッセージは変わる。

キャリア支援部山田部長講話。クリックで画像が拡大します
情報学部ボブ田中教授講話。クリックで画像が拡大します

2022年支部定期総会の議案表決結果

2022年7月16日(土)神奈川県支部で開催された2022年度定期総会の6議案につきまして、オンラインを使った表決を行い、すべての議案で過半数の賛成をもって可決されました。

詳細は父母教の全国版ホームページの当支部ページでご報告いたしましたので、以下リンクからご参照ください。

2022年度(令和4年度)神奈川県支部定期総会 開催報告

2021年度支部定期総会をオンラインで開催(7月17日(土))

【支部定期総会とは】
毎年定期1回開催し、次の事項を審議します。ただし、支部長が必要と認めた場合は、臨時に開催することができます。
1. 規約、2. 役員、3. 事業計画、4. 予算、5. 決算、6. その他目的達成に必要なる事項

【2021年度の支部定期総会をオンラインで開催】

新型コロナウイルスの感染拡大防止の影響で、皆様の健康と安全面への考慮を最優先し、本年度はオンラインで開催いたしました。

・日時:2021年7月17日(土):10時~12時30分
・場所:オンライン(Zoom)開催
・次第:
-10時~11時半:支部研修会(講話)詳細は下の記事参照
「就職活動の現況」:文教大学 キャリア支援課 小宮課長
「あだちキャンパスとオンライン授業の様子」:文教大学 石田教授
-11時半~12時半:支部定期総会(6議案の説明)~表決結果は2つ下の記事参照
支部研修会(小宮課長講話。※会場参加は事務局のみ)。クリックで画像が拡大します。
支部総会(議事の様子)。クリックで画像が拡大します。

2021年度支部定期総会:支部研修会(講話)の概要

支部定期総会に先立ち、支部研修会として講話をいただきました。以下はその概要です。

◎「就職活動の現況」:文教大学 キャリア支援課 小宮課長

(要旨)

①本学の就職率は、コロナ禍の影響はあるも、全国平均よりも高い水準
②ミスマッチを防ぐためインターンシップを重視している企業が増加
・75%の企業がインターン参加者を何らかの形で優遇
・まずは、3年生の夏休みに、最低でも1-2社のインターン参加を推奨
③企業とのファーストコンタクトは「Webから」
・企業合同説明会や面接をWebで実施する前提で、慣れやWeb独自の対策が必要
(Webだと社風がわかりづらい上に、学生も自分の良さを伝えにくい)
④その企業がどんな事業で社会に貢献して利益を出しているかを知る
・それを理解した上で、その企業の発展にどんな貢献ができるかを伝えて、仲間に加わりたい、という思いを伝える
⑤公務員は1年間程度の勉強が必要。3年生からの準備を推奨
・一人でやるより、仲間と一緒に勉強する方が効果的
・また、公務員は「全体の奉仕者」である、との仕事の本質を理解した上で、なぜ公務員になりたいのか、目的の明確化が大切(単に安定しているからではダメ)
⑥保護者はこどもの方針に傾聴し理解を示し、決して否定せず、承認や褒めることで自立を促すことが大切

◎「あだちキャンパスとオンライン授業の様子」:文教大学 経営学部 石田教授

(要旨)
・あだちキャンパスは「明るい、きれい、開放感」あり
・開放感のある自習スペースを作ったら、そこに皆がノートPCを持って集まるようになり、そこで仲間同士で勉強する光景をよくみかけるようになった
・オンデマンド授業は反復学習のメリットあり。平均2.5回視聴され、満足度も5段階の4.6と高い
・昨年はオンライン授業のみで孤立する学生もいたが、今年は対面との併行(ハイフレックス)授業を取り入れて、友達作り、居場所作りができるようになった
・こうしたことも、大学では大事なことと考えている

(参考)
東京あだちキャンパスのドローン映像
https://youtu.be/fD326R3Ql-8
(文教大学のYou-Tubeチャンネル「BUNKYOuniversity」より)

文教大学の東京あだちキャンパス特設ホームページ

https://www.bunkyo.ac.jp/guide/tac/


2021年度支部定期総会の議案表決結果

2021年7月17日(土)神奈川県支部で開催された2021年度定期総会の6議案につきまして、オンラインを使った表決を行い、すべての議案で過半数の賛成をもって可決されました。

詳細は父母教の全国版ホームページの当支部ページでご報告いたしましたので、以下リンクからご参照ください。

2021年度(令和3年度)神奈川県支部定期総会 開催報告
ページの先頭へ